唐桑御殿つなかん

唐桑御殿つなかんについて


tsunakan

唐桑御殿つなかんは、 気仙沼市唐桑町で100年続く、牡蠣の養殖業者の女将、菅野一代が2013年10月に始めた民宿です。

以前は菅野家の自宅だったつなかんは、東日本大震災の津波で3階まで波をかぶりました。

2011年8月、まだ家の中も泥まみれの時期に、「寝袋で雨風をしのげればいいので」と、学生ボランティアが寝泊りをし始め、その数は約10ヶ月で延べ1000人を超えました。
そのことをきっかけに、民宿を始める構想を練り始めました。

人が来て、町がよみがえる。笑顔で人も明るくなる。町のおばぁたちも元気をもらっているのを感じた一代。
「町に人を呼べる事をはじめよう」と家業である牡蠣養殖の強みを活かし、牡蠣料理を提供する民宿を始めることを決意。
「つなぎ牡蠣ファンド」をはじめ多くの方々の支援により、スタートすることができました。

震災当時からの復興に関してはほぼ日刊イトイ新聞の特集「牡蠣の一代さん。」などで紹介いただいています。
池田晶紀さんが2012年の気仙沼を撮ったイケ坊のみた気仙沼の写真
こちらでも、当時の唐桑、始まる前のつかなんの様子を見ることができます。

「手作りは素材から。」

牡蠣、ほたて、わかめはもちろん、 季節の野菜も唐桑の素材を使っています。
「牡蠣を育てている唐桑の海を見ながら、牡蠣と共に暮らす人々と対話をして、季節の牡蠣料理を食べる。」
これがつなかんの大きな魅力です。

シーズン中は牡蠣剥き工場の見学もしてもらっています。
「美味しい」はもちろんのこと、「牡蠣の仕事は、楽しいね。」
そう思える体験ができる民宿として皆様に覚えて頂けるように唐桑での日々を過ごしています。
日々の暮らしはFacebookで更新しています。どうぞご覧ください。

> 女将、菅野一代の挨拶(2016年、3月11日)

「つなかん」の由来

鮪立の「鮪」を英語に訳すとtuna(つな)。
菅野一代(かんの いちよ)が始めた民宿。
鮪立の「つな」
菅野の「かん」。
そのふたつを合わせて「つなかん」と呼ばれるようになりました。

「唐桑御殿」とは

この唐桑地区で見ることができる入母屋造の日本家屋の総称です。
遠洋漁業に出た漁師が海から帰ってきても自分の家がわかるようにと、
船頭や乗組員が競って建てた入母屋造りの勇壮な家屋は「唐桑御殿」と呼ばれています。
海に対して敬畏を表する大きな神棚が特徴的な漁師御殿です。

スタッフ紹介

牡蠣・帆立の生産、菅野 和享(社長)
民宿女将、菅野一代
料理長、今井竜介(2014.7月~)(前職、小樽寿司屋通りまちの寿司東京店7年、札幌鮨一2年勤務)

盛屋水産・唐桑御殿つなかん メディア掲載情報